アンガーマネジメントのコツ

こんにちは、杏です😊

今日は怒りについて書いてみたいと思います。

怒りっていう映画ありましたよね…衝撃的だったな…。

吉田修一さんの小説が映画化されたものなんですが、怒りという喜怒哀楽の中の最もエネルギーが強いものを切り取って、感情の怖さを描いていたような気がします。

あとは相手を信頼しきれないことの悲しさね

さてさて、最近の私を悩ませているのは、上司の怒りと自分のイライラ。
上司はいつも怒っててめんどくさいし、私も同僚へのイライラが取れなくて…そんな自分に自己嫌悪したりしてました。

そんな時、ちょうどアンガーマネジメントについて学ぶ機会があったので、その気づきを書いていこうと思います。

 

怒りのメカニズム

怒りとは何か?

怒りとはズバリ、本能です。

狩猟時代、私達ヒトは目の前に天敵が現れた時、「逃げる」か「攻撃する」しか選択肢がなかったのです。

「やばい、攻撃された!」と思った私達の脳は、体にアドレナリンを出すよう指示します。

だから怒りと言うのは湧き上がって当然の感情で、怒りっぽい人は、防衛本能が強いということなんです。

問題となる4つの怒り

怒りは誰にでも訪れるもの。ただし、危険な4つの怒りがあります。それは

  • 強度が強いもの
  • 持続性があるもの
  • 頻度が高いもの
  • 攻撃性があるもの

ありますよね、こういう激しい怒りを覚えてしまうこと…。ネチネチ言ってしまうこと…。

やってはいけないこと

怒りを覚えた時、やってはいけないことがひとつだけあります。

それは、反射。

反射的に何かを言って、良い事はひとつもありません。

ここで有効なのは、6秒ルール!

カッとなっても、とりあえず6秒待ってみましょう。大体6秒待てば、人は理性的になれると言われています。待たなければ、怒りという感情にハイジャックされた状態で行動してしまうことに。

私も同じ人にイライラが重なると、反射的に言葉が口に出てしまうことがあります。
そんな時は、「6秒!」とその場でつぶやいています。

さらに応用テクニックとしては、怒りに1~10の点数をつけるのもオススメです。
ちなみに、最初に言ったように怒りは防衛本能。10の怒りというのは、殺らなければ殺られるくらいのシチュエーションです。笑
こう考えると、普段の怒りのレベルはそこまで強くないのではないでしょうか?

 

怒りを抑えるコツ

怒りは二次感情

怒りとは二次感情、海に浮かぶ氷山の一角つまり海面上に見えている部分です。

水面下には怒りを生み出した感情が隠れています。それはどんな感情でしょうか?ちょっと考えてみて下さい。

水面下には実は、不安や寂しい気持ち、認めて欲しい、辛いなどといった感情が隠れているかもしれません…。

私も最近の彼への怒りを思い返してみました

そしたらまさに!「会えなくて寂しい、上手くコミュニケーションが取れなくて不安」、そんな気持ちがたくさん湧いてきました。

これらを小さくしていかないと、怒り自体は小さくなりません。

怒っている人と接するときは、「この人の怒りの裏には何が隠れているんだろう?」と考えてみると見え方が変わってくるかも。

あなたは何に怒っている?

私達が怒る時、何に怒っていると思いますか?

    誰か?
    今起きた嫌な出来事?

違うんです。

私達が怒っているのは、「べき」という言葉。

親ならこうするべき、部下はこうするべき、夫はこうするべき、彼は私にこうしてくれるべき、自分はもっとこう出来るべき。

自分の中の「べき」が裏切られると、怒りと落胆を感じます。(書いてて耳がイタイ。)

私も気づけば「べき」を連発していました。そんな時は、自分は完璧な人間じゃないんだから、出来なくても当たり前と考えてみて下さい。

人は完璧じゃない部分があるから愛おしい♡アイドルだって、コンプレックスがある子ほど応援されますよね。

そこを補おうと努力したり、足りない部分は誰かに助けてもらおうとすることで人間関係は動くもの。

そして自分も完璧じゃないんだから、他人だって完璧じゃないのです。

許せる三重丸

最後に、私自身とても説得力のあった怒りの構造をもうひとつお伝えしたいと思います。

人には、許せるゾーンの三重丸があるのです。それは、

①許せるゾーン
②まあ許せるゾーン
③許せないゾーン

例えば休日の朝10時の待ち合わせで、相手が10時10分に来たとします。

「全然いいよ~」って言う人もいれば、ちょっとイラッとするけど口には出さない人もいれば、怒って帰ってしまう人もいます。
このゾーンが①と③の人が待ち合わせすると…人間関係が壊れてしまいかねません。

さらに大変なのが!この三重丸は日々動いていて、機嫌や相手との関係性によって変わってしまうことです。

遅刻が許せない人でも、相手が重要な取引先の方だったら怒って帰るわけにもいかないし、直前にすごく嫌なことがあってさらに待たされるとイライラが募ることもありますよね。

重要なのは、②までのまあ許せるゾーンを広げること…
ではなく、自分のゾーンをぶらさないことです。
Aさんに対しては怒るけどBさんに対しては怒らないとか、昨日は許してたことを今日はブチ切れ、みたいなことをしていると他人から信用してもらえなくなるし、お仕事で言えばパワハラになってしまいます。

 

さいごに

アンガーマネジメントはずっと気になっていましたが、先日こちらの本を読んだり、学ぶ機会があったことをきっかけに理解が深まりました。

 

(本の内容はこちらの記事に書いたので読んでみて下さい→

私がすごく感じたのは、知っているのと知らないのでは対処の仕方が変わってくるということ。

感情に関してもこの方程式が当てはまるのは最近の発見なのです😳!

こういった気付きは、自分が忘れないためにもこれからも記事にしていきたいと思います🙌

それでは、また♡

 

 

自分軸を取り戻す♡ノート術を公開しています

私は今、女性向けに心理学や脳科学をベースにした「感情の取り扱い方」をお伝えするお仕事をしています。

感情は目に見えないから、変えることは難しいと思っていませんか?

実は感情やマインドも、学校のお勉強と同じように、学んで高めていくことができます。

その中でも最も効果的である、感情ノートの書き方を無料メルマガで公開しています。

無料メルマガはこちら→◇

ノートをより深堀りするお茶会や1dayトリセツセミナーの情報もメルマガでお届けしていますので、ぜひ登録してみて下さい♡